ボトックス注射は小顔になれる方法

ボトックス注射によって、小顔効果や、表情じわの解消効果のある美容施術を受けることができます。ボトックスといえば、表情シワに効果のある美容施術として有名で、美容クリニックのメニューにも掲げられています。

表情じわを減らすだけでなく、小顔になりたい時も、ボトックスは活躍します。とはいえ、どんな顔でもボトックス注射で小顔になれるわけではありません。ボトックスを注入することで小顔効果を得ることができるのは、顔に筋肉がたくさんついてしまっているという人に限ります。

例えば、エラの張ったタイプの顔型で、小顔になりたいという人には、とても効果的な方法だと言えます。ボツリヌス菌がつくられる毒素をもとにしてボトックスはつくられており、神経に作用して筋肉の働きをストップさせる効果があります。筋肉の抑制作用により、筋肉の動きがセーブされて、次第に筋肉が衰えて細くなります。例えばエラが張った顔は、咬筋という筋肉が強い状態になっているので、ボトックスを注射して咬筋を少なくします。

筋肉が発達していることが顔の大きさに関係していなければ、ボトックスによる小顔施術は不可能です。顔が大きく見えるのはエラが張っているからだという人は、ボトックスを注射することで引き締まった小顔になることが可能です。ボトックスの小顔効果は施術する医師の技術にも左右されますから、ボトックス注射を希望するならよく吟味した上でクリニックを選んでください。

小顔になりたい人におすすめのボトックス注射

最近は、小顔になるためや、表情じわを解消するために、ボトックスを注射するという費用施術を受ける人が多いようです。張っていたエラが小さくなれば、顔が小さくなるという人は、ボトックスを用いた小顔施術を受けられた人です。

ボトックス注射はエラ部分を小さくすることが可能です。ボトックスを使った小顔施術は、6カ月程度で元に戻ってしまいますが、骨を削る必要がないところが利点です。

ヒアルロン酸を注射した部分が内出血痕のように残っていることや、体内に入ったヒアルロン酸が気になってしまうという方もいます。ボツリヌス菌がつくる毒素が、ボトックスという薬液の原材料もとになっていると知ると、ひるむ人もいます。ボツリヌス菌の毒素はボトックスには全く含まれていませんし、注入量はほんの少しに過ぎないので、安心して受けられます。小顔になるためにボトックス注射を使うだけでなく、ふくらはぎや、腕周りなど、部分痩せをしたいという人にも向いています。顎が角張っていて、顔全体が四角く見える人は、ボトックスを注入すると小顔になれるかもしれません。

顔へのボトックス注射の実績や経験数がたくさんあるクリニックで、施術を受けると安心できます。クリニック選びは、美容施術を受ける時には非常に大切です。特にボトックス注射は、注射部位によって効果の現れ方が変わりますので、技術力のある医師に任せたいものです。カウンセリングの段階で、不明点や、気になる部分について聞き、信頼できる医師に任せましょう。クリニックで行う美容施術の中でも、小顔になるためのボトックス注射は、多くの人が活用している効果的な手段といえます。

虫除けスプレーガイド!この夏おすすめの虫除けスプレーは?